上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.19 温泉戦隊
夢夜横町へようこそ。町長の山田リタです。

お久しぶりです。生きてます。
何かもう生存確認みたいになってきてますが、ひっさびさに更新したいと思います。

この間おもしろい夢を見ました。
その名も「湯煙戦隊・オンセンジャー」

温泉をテーマにした戦隊ものらしく(どんなテーマ?)、山田はなんと敵側でした。
というより、無理矢理巻き込まれた結果、訳の分からぬ内に
何だか敵陣営にいた、という残念な役でした。

が、オンセンジャーの策略で味方の情報を流さなくちゃいけない、
スパイのようなことをさせられるはめになり
山田は母とともに激しく動揺しておりました。(何故か母も登場)
望んだことではなくとも、敵側にいる限り、
味方の情報をオンセンジャーに流すことは死を意味するからです。
しかしオンセンジャーに逆らえば、何をされるか…
この時点でどっちが悪者なのか分からなくなってきました。

ここで場面が変わり、オンセンジャーの視点へ。
皆私服でしたが、何だかちょっと柄の悪そうなお兄さん(こいつがオンセンレッドぽかった)と
妙に色っぽいお姉さん(オンセンピンク?)と
肩までの長髪のお兄さん(オンセンブルーかな?青いジャケット着てたし)
が何とも勝手な会話をしていました。

レッド:「どうせ敵なんだしほっとけよ。」
ピンク:「あら、そんなことしたらあの子達、可哀想じゃない。」
ブルー:「とはいえ…どうやって助け出せばいいのか…。」

っっオーイ!!!ノー・プランかいっっ!!
何も考えてないのにスパイやらされようとしてるの?山田と母は。
てかレッドお前っっ、本当に正義の味方か?!
お前の正義は何なんだ?!

…ここでとうとう戦闘シーンへ。
敵のボスは青い口紅を引いて何故か「星の王子様」の格好をしていました。

対するオンセンジャーは、3人~5人編成というこれまでの戦隊ものの常識を覆し、
何と総勢100人強。
しかも一体感を一層高めるためか、全員黄金のボディスーツで統一。
足下は温泉らしさを出すため、ブーツではなく
通常よりかなり厚いゲタを使用(湯上がり?)。

さらに後方にはサポート隊員が50人ほど待機しており、戦いに向けて
準備体操をしていました。(この人達はピンクのボディスーツでした)

…という、いつも通りアホな夢でした。
休日に見た夢だったのですが、これは忘れてはいけないと
急いでメモしました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。