上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森博嗣さんの著書です。(以下森さん←馴れ馴れしい)

元某大学の工学教授さんだそうです。
専攻は建築らしく、その知識は著作品にいかんなく発揮され
こちらのクエスチョンマークを余所に専門用語が容赦なくでてきます。
が、読み飛ばしてもあまり支障はないかな?

森さんの作品の醍醐味は「登場人物の台詞・文・引用文の格好良さ」
だと勝手に解釈しております。(本当に勝手)
もちろん、ストーリーも楽しいです。

この話は、あるパイロットが不思議な都市で
事件にまきこまれていく…というものです。

違うんです。説明文が適当なんかじゃないんです。
森さんの作品はどこまで話していいか分からないんですよ。
そのぐらい作品の世界観が独特で、特にこの作品はそれが強い。

森さんの作品は事件が解決しても……何ていうのかな、
まだ終わってないんじゃないか?みたいなそんな読後感です。
読み始めは難しいかもしれないけど、はまるとクセになります。

スポンサーサイト
2007.10.24 準備
夢夜横町へようこそ。町長の山田リタです。

生きてます(汗)

某試験、見事に撃沈致しました…(死)
いやーなめてた、人生を甘く見てました。
会場に来る人皆頭良さそうで…。
(どうして高校の制服がセーラー服だと才女に見えるのだろう)

まぁ、今はがらりと進路変更を致しまして、短大を受けるべく
準備をしております。
昨日は切手やら願書やら忙しかったです。
テスト期間だったし。

では、久しぶりに「横町推薦図書」をご紹介しますね。
(今、「しますね」を「しますん」と打ってしまった…「すん」て何だ、「すん」て。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。